名古屋・愛知・岐阜・三重を始め、企業やお店・医療機関のホームページ制作から看板デザイン&施工までトータルデザインをしています。

STUFF BLOG

スタッフブログ

お客様との出来事やスタッフのプライベートなど、
弊社スタッフが自由にブログを書いています。

#372
2018.06.02

看板制作のポイントは現場チェック

もうすぐ梅雨がやってきます。
梅雨の時期ってジメジメするので嫌だったんですが、最近はもっと嫌いになりました。
それは・・・施工ができないじゃないか!と言う新しい理由です。
店舗の内装ならまだ屋内だからいいですが、看板になると「雨」が敵です。看板デザイン・施工のご相談が多くなってきたので「雨」のコトが毎日気になります。

 

看板デザイン

只今、進行しているサロンの看板デザイン。
今回の看板はサイズも大きく、付属品の撤去もあるちょっと大掛かりな施工です。
いつも以上に現場調査が必要なので、まるでストーカーのように何回も現場を見に行っています。



看板デザイン

「撤去予定その1」は壁面に付いている懸垂幕の装置です。
高さが4.5メートルくらいあるので高所作業車が必要です。デパートやスーパーに昔は懸垂幕ってありましたが、ちょっと減ってきていますね。「良い面」もありますが、実際に使用したオーナーさんやお店に聞くと「う〜んとねぇ・・・」と言うデメリットを必ず聞きます。これは使用した人だけが分かる「付けない方がよかったかなぁ?」ってやつです。
借りた物件にすでに懸垂幕が付いてたオーナーさんだと「下見の時はプラスだったけど、まさかね!(T_T)」ってやつです。

ちなみに全く違うお仕事でこの懸垂幕の撤去やった時は、フレームの中にスズメバチの巣があって危険だった・・。

現場調査

「撤去予定その2」は掲示板です。
うん・・・掲示板です。(特に何もないんだよなぁ(⌒-⌒; )  )
え〜これと言った点がないので・・・とりあえず撤去します!

看板の工事って「取り付ける」だけではなく、取り外し(撤去)のご相談も頂きます。
撤去すれば「アピール方法」の選択肢が増えるので、撤去してでも施工した方がいい場合も多々あります。
ファザードだけで集客も全く違ってくるので、こだわってみては如何でしょうか?