名古屋・春日井・愛知・岐阜を始め、企業や店舗・医療機関のホームページ作成から看板デザイン&看板作成までトータルデザインをしています。

お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

Sign Renovation

看板修理・リフォーム

看板リニューアル・看板リフォーム

使えるモノは利用する
看板リフォームという考え方

古くなった、劣化したから看板を新しくしようと考えたけれど、費用が高額だった。
見積もりを依頼してこんな経験はありませんか?
すべてを新しくすればキレイなのは当たり前です。
しかし、考えてみると塗装をキレイにしたり、使用できる素材があったかもしれません。
適切なコストカット。
これが一番お客様のため、地球のためです。
当社ではお客様とご相談し、使用できるものは新規作成ではなく、リフォームと言うご提案をしています。

こんなお悩みはありませんか?

  • 錆びてしまった柱をどうにかしたい。

    10年以上経過した柱は塗装が剥げて、サビがひどい場合があります。柱を新しくするのは簡単ですが、費用が高くなります。サビを削り落とし、再塗装することでキレイに再利用できます。

  • 看板の色あせがひどく、白くなってしまった。

    日に焼けて経年劣化すると色があせてしまいます。状態にもよりますが板はそのままで、上からシートを貼り替えてリフォームすることが可能です。

  • 壁に水垢がついて汚くなってしまった。

    水垢を除去し、コーティングすることで以後汚れに悩まされなくなります。看板の劣化も防ぐことができます。

例えばこんなリフォームが可能です。

  • 駐車場の看板
    Point

    01

    色あせた看板をリフォーム

    ながく使用した看板は陽の光によって白く色あせしてしまいます。そんな場合、複合板からすべて新しくするのも良いですが、複合板の状態によっては表面のシート交換で対応が可能です。

  • 錆びた柱を塗装してリフォーム
    Point

    02

    錆びた柱を再塗装してリニューアル

    看板を新しくしても柱が錆だらけではかっこ悪いですよね。しっかり錆を削り落とし、コーティング後、再塗装するとキレイになります。見た目もキレイでコストカットにもなります。

  • お店のオーニング
    Point

    03

    色あせ、破れたオーニングをリニューアル

    正直、オーニング本体の破れ・色あせは新しくするしかありません。問題はオーニングのフレーム。フレームが錆・亀裂によって隠れ破損している場合があります。フレームを補修することで新しいオーニングをながく使用できるようになります。

  • LED照明への交換工事
    Point

    04

    LED照明のリニューアル

    今ではスタンダードになったLED灯。しかし、一部では未だに白熱灯を使用した看板があります。大きく違うのが寿命。白熱灯からLED灯に変更するには基となる盤から交換する必要もあります。長くコスト面を考えるとLED灯への交換をオススメします。

注意事項

使用できるものは使用するリフォームといいますが、寿命・耐久性を考えた場合、新しく制作する方が良い場合がございます。その場合は、新規作成をオススメさせて頂いています。

その他のコンテンツ

  • 看板デザイン・看板制作について
  • 看板デザインで選ばれる理由
  • 看板リニューアル
  • 看板デザイン・看板制作の流れ