遠くからもくっきり立体切り文字

10月中旬になりましたが日中は30度近く、夜は10度くらいまで下がる・・・。
体調を崩しやすい時期でもあります。
体調に気を使い続けている方々に受験生がいます。
高校受験・大学受験、中には中学受験をされる小学生も居るかと思います。
特に今年はコロナウイルスの影響で受験もどうなるのか・・・と言う所です。
先日、看板とチラシを制作させて頂いた愛知県春日井市の学習塾「JUKU-GO’S」様の千種教室の表札を作成させて頂きました。
マンションテナントの鉄板の表札があり、シールを貼るのもいいけれど遠くからも視認性が良く・オシャレなモノをご希望いただきました。

看板デザイン

鉄板と言うこともあり、インクジェットシートを貼り付けてもせっかくの鉄板のサビや色の変化など味わいが死んでしまうので、立体感のあるカルプ材を使用した切り文字を使用することにしました。凹凸による影ができ、照明や太陽光の向きによって影の向きが変わり良い感じになります。
また、遠くからもクッキリと見えるので視認性もあります。

店舗の看板

遠くから引いた感じだとこんな感じ。
看板があるのが2階くらいの高さですが、一階から見てもはっきり見えます。
施工中に2階のバーのオーナーさんが「ん〜立体感のある文字いいねぇ。いいねぇ・・・これって高いの?」
なんて興味津々でございました。
(正直、そこまで高くありませんよ〜。)